鍵がまわしづらくなる場合には、それぞれの原因に合った対処法が必要です

玄関の鍵がまわしづらくなる場合、原因としては、鍵穴の中の動作が鈍くなってきている可能性があげられます。
そんな時に一番やりがちで、でもやってはいけないのが、鍵穴に油を差し込む行為です。
確かに油を差し込むと、一時的にでもスムーズに動くようになるので、直ったと思うかもしれませんが、長い目で見ると差し込んだ油によって、鍵穴にたまっていた埃や汚れが粘度を持つようになり、その結果、鍵穴の動作に支障がでてしまい、鍵が回らなくなる事態に陥ってしまうことがあるからです。
なので鍵穴をスムーズに動かしたい場合、専用の潤滑剤を使用するのが大切です。
「でも鍵がまわしづらくなることなんて、頻繁に起こることでもないし、滅多に使わない潤滑剤をわざわざ買うのはもったいない」と、思う人も多いのではないでしょうか。
そんな人には、潤滑剤の代わりに鉛筆の芯を使うことをおすすめします。
鉛筆を紙に押し当ててこすると、芯の粉末が出来上がりますが、汚れをふき取った鍵にその粉末をつけて、鍵穴に差し込み抜き差しをすると、潤滑剤と同じ役割を果たしてくれます。
手元に鉛筆がなくても、それぐらいならご近所さんから十分に借りられるので、もしも時の応急処置として、頼りになります。
他にもまわしづらくなる原因としては、鍵自体が何かの衝撃で曲がってしまっていたり、使っている鍵が合鍵の場合は、もともと鍵穴にはまりづらかったのが、表面化しただけという可能性もあるそうです。
その場合は、合鍵にやすりをかけると鍵穴にはまりやすくなることもありますが、それでも直らない時は、純正の鍵を入手する必要があります。
それ以外にも、鍵穴の中に異物が入り込んでしまったといった原因もあげられますが、そんな時は素人ではどうすることもできません。
下手にいじるとかえって悪化させ、修理費がかさむ心配もあるので、自分ではどうしようもないと思ったら、鍵屋に電話することが大切です。
自分で対処できることは対処して、無理そうなら専門の鍵屋に任せるのが、うまく鍵と付き合う方法だと思います。

Comments are closed.